〒252-0254 神奈川県相模原市中央区下九沢54-2
ご利用案内
INFORMATION
受付
時間
  • 月〜金:8:30~12:00
診療
時間
DEPARTMENT

栄養科

  1. HOME
  2. 部門紹介
  3. 栄養科

栄養科について

当院の栄養科では多職種でのチーム医療によって、患者様・介護家族様への栄養指導を行っております。

  • 栄養計画書に基づく栄養管理
  • 患者様の摂取量の低下を逃さないためのミールラウンド
  • 回復期リハビリ病棟におけるチームカンファレンス
  • 退院前カンファレンスの参加

安心らくらくお食事サポートブック

「ミキサー食の作り方」「メニューやとろみのつけ方」「嚥下調整食の市販食品の一覧」等の情報を掲載して、介護家族様の不安軽減のために調理指導も行っています。

外来栄養指導

食形態の指導

言語聴覚士の嚥下訓練のもと、以下の指導を行っています。

  • 病態栄養指導
  • 低栄養
  • 嚥下調整食

給食部門

四季の変化等に応じた献立、選択メニューの実施や行事食を行い、入院中のリハビリが進み在宅へ復帰できるよう栄養面に配慮し、美味しい給食作りを目指しています。(日清医療食品株式会社へ委託)

食事例

栄養科スタッフが、入院患者様の個々にあった「安全」で「美味しい」お食事を提供させていただきます。

通常食
特別食

栄養科では、医師の確認のもと、リハビリ科と協力して、季節イベントなどを行っております。一人ひとりの食事の状況に合わせて皆さまが楽しんで頂けるように配慮させて頂いております。

クリスマス ケーキバイキング

回復期リハビリ病院におけるNSTの必要性

日本での回復期リハビリテーション病院入院患者の43.5%が栄養障害を呈しているといわれております。

リハビリを行うための栄養が不足しリハビリが困難になっている等の問題について、医師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、看護師、リハビリ科(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)などの多職種チームで、栄養障害のある患者様について個々の栄養状態と病状の検討をしています。

入院中の栄養障害を改善し「退院後の生活を見据えたQOL向上」と一人でも多くの患者様が在宅復帰するために「回復期リハにおけるNST」は重要な役割を担っています。

学会発表

平成29年度 上尾中央医科グループ主催 AMG学会「優秀演題賞」受賞!!!!

発表演題

『ご家族に寄り添い地域連携に向けた「安心らくらくお食事サポートブック」の有用性の検討』

発表者

上尾中央医科グループ 栄養研究会 2015 プロジェクトチーム

発表内容

在宅支援の専門職に「学会分類 2013」のピラミッドや 「嚥下食」のことを知ってもらい、“患者様”、“入所者様”、“介護をされているご家族様”に管理栄養士 を知ってもらう。“食事”、“栄養”のことなら 「上尾中央医科グループの管理栄養士に!」と言って頂けるように、相談しやすい “顔” の見える関係をつくる。また、“患者様”、“入所者様”、“介護をされているご家族様”に、『食についての理解』、地域施設との連携 『情報の共有』を目的とし、活用するためのサポートブックを普及していく。