訪問リハビリテーションでは、主治医の指示のもと、専門スタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が定期的に訪問し、ご自宅でいきいきとした生活を送れるよう支援します。 身体機能の維持・向上だけではなく、「予防」の観点からのリハビリテーションにも力を入れています。必要に応じて、住宅改修や福祉用具選択のアドバイスを行っています。また、乳幼児や就学児のリハビリも積極的に受け入れています。

リハビリテーション内容

 ・ 関節の変形・拘縮の改善
 ・ 寝返りなどの体位変換
 ・ 起き上がりや座る訓練
 ・ 立ち上がり・歩行訓練
 ・ 食事・排泄などの日常生活動作の訓練
 ・ ご家族に対する介助方法の提案
 ・ 住宅改修・福祉用具についてのアドバイス
 ・ 遊びやレクリエーションを通じた、こどもの発達支援
 ・ 意思伝達がしやすくなるようなコミュニケーションツールの提案や環境設定

など、病状やご自宅の環境をふまえてのリハビリテーションを行います。


訪問リハビリテーションスタッフ紹介

集合写真.png

 ・ 理学療法士8名
 ・ 作業療法士3名
 ・ 言語聴覚士1名
 ・ リハビリ事務1名
 (平成28年4月現在)