認知症サポーターキャラバン について

   厚生労働省の取り組みとして、全国の都道府県・地区町村単位で活動している
   「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として、「認知症サポーター
   キャラバン」事業を実施しています。

   「認知症サポーターキャラバン」は、「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症に
   なっても安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。
   認知症サポーターは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく
   見守り、支援する応援者です。

   「認知症サポーター養成講座」は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの
   従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方に受講いただいており、全国に
   約713万人(H27.12.31現在)のサポーターが誕生しています。
   ( ※ ボランティアの方による 無料講座 )

   ※ 厚生労働省 → 政策について → 認知症施策 → 認知症サポーターキャラバン
     でも、ご紹介されています。
     また、相模原市でも取り組んでます。詳しくは、下記バナーにてご確認ください。

認知症(相模原).png← click


   当院でも、認知症サポーターキャラバンの研修を終了し、講師(メイト)を取得した
   職員による「認知症サポーター養成講座」を院内の勉強会にて行っております。
   認知症を少しでも理解して頂き、病院・施設にお越し頂ける皆様に安心して頂ける
   環境・教育も含む、院内の勉強会への活動を行っております。

通所 認知症ケア勉強会1(H26).JPG  認知症キャラバンメイト◎.JPG
認知症サポーター養成講座      講師(メイト) ※通所・居宅・訪問リハ





RUN伴 (ランとも) について

   RUN伴とは、、、
   認知症になっても安心して暮らせる地域作りを目指して、
   認知症の人もそうでない人も
   みんなでタスキをつないで、日本を縦断するプロジェクトです!

     ← click  ※ 当院も参加しました !!

DSC04385.JPG RUN伴 6.1 ◎.JPG