【医局長あいさつ

当院は、回復期リハビリテーション病棟を中心に自立度を高め、 社会復帰を促し、
介護負担を軽減する医療を実践しています。

回復期リハビリテーション病棟では、近隣の急性期病院との地域連携により、
脳血管障害発症後、骨折術後など急性期の治療後早期からリハビリを集中的に行い
「治療の継続」・「合併症の予防」 「慢性疾患の制御」をしつつ状態を評価して
いきます。           
多職種でのチームアプローチ(「機能の回復」・「残存機能の活用」・ 「廃用
予防」・「生活機能維持」・「補装具の利用」・「環境調整」) により、”寝たきり防止”と”在宅復帰”を目標としながら患者様にとって、少しでも良い環境に退院できるよう調整します。
外来では「退院後のリハビリの継続」・「復職などの社会復帰へ向けたリハビリ」・
「症状改善や介護予防のリハビリ」のほか、かかりつけ医としての役割、健康診断
よる疾病予防などに取り組んでいます。
高齢化が進みリハビリのニーズが高まる中、安心できる安全な医療を提供し、信頼され地域に貢献できるよう尽力していきたいと思っています。

医療・介護の一体型とした地域医療の充実へ

【当院の基本方針】
地域の幸福な生活を応援すべく「自立と予防」を二本柱に掲げ医療・福祉の充実を目指す



病院紹介(医療・介護業務別のご紹介) ←click

 

診療内容
「病棟」・「外来」・「訪問診療」を中心にそれぞれの医師が活躍しております。
「診療部門」・「看護部門」・「診療補助部門」・「事務部門」と一緒に地域の医療機関の皆様と連携をとり、
 地域の皆様方への医療・介護のサービスを提供するとともに、サポートさせて頂きます。


勤務医
・ 常勤医師  9 名 (内科医 7名、整形外科医 2名)


・ 非常勤医師 20 名 (内科医(神経内科、消化器内科 等)、整形外科医、脳神経外科医 等)