ご病気をされて 運転再開 を ご希望の方へ

【 運転支援 について 】

   当院では事前に「リハビリテーション科 運転支援担当者」 お問い合わせ
  をいただいてからの対応となります。まずは、電話にて状況を確認させていただき
  つつ、当院での支援の流れをご説明させていただきますので、必ず下記問い合わせ
  先までご連絡下さい。【完全予約制】

  近年、障害のある方のライフスタイルの変容と社会参加が見直されてきました。
  また地域特性により公共交通機関が充分にあるとは言えず、自動車がなければ
  生活が成り立たないという方も少なくない現状があります。
   しかし、病気やけがで心身に障害を負われた場合、そのまま運転を再開すると
  事故等に繋がる可能性が高まっている場合があります。加えて、病気(脳梗塞などの
  脳血管疾患、認知症、てんかん等の道路交通法で『一定の病気等』として定義されて
  いるもの)によっては安全な運転が可能な状態かを公安委員会へ申告・審査を受ける
  必要があります。

   運転再開における危険性を適切に判断する為、当院では運転支援として
   “運転をするとどんな危険があるのか” を お話させて頂き、
   “現在の身体・脳は、どんな状態になっているのか”
    検査させていただいております。

   その「検査結果」や「ドライブシミュレータの結果」から総合的に運転に関する
  ご助言をさせて頂くとともに、当院では運転の再開を希望される方に対し公安委員会が
  実施している「臨時適性検査の受講」を推奨し、受講に向けて 公安委員会への診断書
  作成も必要に応じて行なっております。

 ※ 当院での運転支援は、運転に関するご助言を医療の立場からさせて頂くものであり、
  運転再開をお約束したり、安全な運転を保証するものではありません。
  ご了承ください。
 ※ 診断名や障害によっては、法律上、運転再開が困難な場合がありますので、ご了承
   ください。

ドライブシュミレーター 6 ◎.JPG ドライブシュミレーター 5.JPG ドライブシュミレーター 3.JPG



【 当院の運転支援環内容 】
  ① 各種検査       : 視野や高次脳機能(注意や記憶、判断力など)を検査
  ② 情報収集(面接)   : これまでの運転状況や、運転の必要性などを確認
  ③ ドライブシミュレータ : パソコン上でのドライブシミュレータを使用し、
                 運転操作の確認 や 様々な危険な場面を予測・対応
                 できるか? 反応速度などの検査
   ※ 画面酔いが生じ、ドライブシミュレータでの評価を継続できない場合があります。
   ※ 操作性は実車と違う部分は多く、あくまで模擬的な運転となります。
   ※ ドライブシミュレータ操作の可否だけで、実際の運転の安全性は判断致しません。
  ④ 実車評価・訓練:公安委員会での臨時適性検査合格後となりますが、近隣の
   自動車教習所で行なえます。
   その際、自動車教習所に対し 6,480円 / 1時間(税込 2016現在)
   料金がかかります。



【 当院の運転支援の流れ 】
  当院で運転支援をさせて頂く流れは大きく 2つ あります。
  詳細は、下記よりご確認下さい。
  ※ なお、外来リハビリで運転支援をさせていただく場合は、当院の脳神経外科
     受診が必要となります。介護保険サービスとは併用できませんご注意ください。


 【外来1.運転支援の流れ←click

 【入院2.運転支援の流れ←click

DSC05111 (1).JPG 運転支援+のがみより.jpg






「お問い合せ」・「ご相談」について

  予約 : 完全予約制
  担当 : リハビリテーション科 運転支援担当者    
  電話 : 042-773-3211 (代表)
  時間 : 月~日 9:00 ~ 17:00

  ※ 担当者が不在の場合がございますので、ご理解ください。